今新しいハーモニカ物語がはじまる コアアートスクエア
コアアートスクエアはハーモニカ好きが集まるお店。いつでもお気軽に遊びに来てくださいね。
 トップページ > 店主のつれづれなるままに
店主のつれづれなるままに




2011/10/26 (Wed)  

. 東北ハーモニカフェスティバル、そして被災地へ  .

東北のハーモニカ愛好者が一堂に会する「東北ハーモニカフェスティバル」は今年で30回という節目。開催が危ぶまれたものの関係者の尽力で、10月9日、原発の災禍に揺れる福島市の公会堂を会場に無事終えることができた。開催できてよかったね、そんな喜びの声があちこちで聞かれた。私たちThe Who-hooはこの日、稲川有徳さんとともにゲストとして招かれていた。
先の震災で仲間が亡くなったり、家が壊れたりといった心に痛手を負った人たちが、それでもハーモニカでつながろうと懸命の努力を積み重ねた。演奏する人も聴きに来る人も思いは一緒だった。元気にがんばっぺ! 演奏することで、私たちも東北の人々と繫がりたかった。そしてこの目で被災地を見ておかねばとも思った。

 10月10日、東北ハーモニカ連盟会長の木村さんの車で相馬市、南相馬市に向かう。福島盆地の山間に点在する田んぼは収穫を終えた稲が掛け干しされて、放射能の線量検査を待っていた。伊達地方の山深い地はあんぽ柿の産地としてつとに知られる。本来なら柿ばせと呼ばれる小屋の軒下に、朱く色づいたあまたの柿が吊された光景を目にできる。が、ことしの小屋はひっそり閑散としている。放射能さえなければ……。柿で生活を支えていた人々の暮らしはどう保証されるのだろう。それよりも人々はいまどこにいるのだろう。人の気配がない。聞けば計画的避難区域に指定されたところもあるという。
 木々の葉が色づき始めた山を縫って一路相馬市へ。霊山のあたりは紅葉狩りの名所という。今年は人が来るだろうか。民家の瓦屋根の棟がブルーシートで覆われている。屋根職人の人も資材も間に合わずの応急処置だ。
 海に近づくと、海水に浸かってドブと見まがうほどに腐り果てた田んぼが広がる。津波に押し流された白い車や漁船があの日のままに時を止めて瓦礫のなかに打ち棄てられている。
 相馬市、松川浦。水産物直売センターの周辺には旅館や民宿が軒を並べ、震災さえなければ海の幸を求める観光客で賑わっていたはずだ。いま埃っぽい海沿いの道に人影はない。ガラス戸は割れ、調度品は流され、日常を壊されたがらんどうの建物が続く。この一帯はあの大津波で水没、行方不明も含め450人を超える住民が亡くなった。町は一変し、人々の声はどこかに消えてしまった。
海沿いのあれはホテルだろうか、レストランだろうか。コンクリート壁はすっかり剥がれ、ぐにゃりと曲がった赤茶けた鉄骨だけが何本もむき出しにされている。建物はかろうじて太い鉄骨の柱だけで支えられ、無惨な姿を潮風に晒している。
 このあと南相馬市にも向かった。田畑に十数艘もの漁船が打ち上げられたままの不可思議な光景。基礎を残して跡形もなく流された家々。橋桁だけを残し流された橋。ボコボコにへこんで積み重ねられた車。テレビや雑誌からは伝わらない津波の凄まじさを実感する。何よりも目に見えない放射能の恐怖が常に脳裏を離れなかった。
 あらためて被災地の人々の心中に思いを馳せた。

       「関東ハーモニカリーグ」寄稿


2011/03/10 (Thu)  

. 萩原朔太郎とハーモニカ  .

 北原白秋がドイツ製のハーモニカを吹いたことは前回書きました。その白秋が最も信頼を寄せた詩人のひとりに、高村光太郎とともに日本の口語自由詩の確立者として知られる萩原朔太郎がいます。朔太郎もやはり若き日にハーモニカを吹いたのでした。
 朔太郎は1886年、明治19年に群馬県前橋の医師の家の長男として生まれます。白秋は二つ年上で、大正6年に朔太郎が『月に吠える』を出版する頃には白秋は抒情詩人としてまばゆい存在でした。その4年前の大正2年に白秋が主宰する『失樂(ザムボア)』という雑誌に初めて朔太郎の短歌が掲載されます。これが彼の中央詩誌への初登場でした。朔太郎は白秋と親交を結びます。
 朔太郎は幼少時から将来、医業を継ぐものと期待されて育ちました。両親からの溺愛を一身にうけながら自分の思いとは異なる生き方の強要に深く絶望し、苦悩します。名門中学、名門高校への進学を果たしながらも学業には身が入らず、大学も入退学を繰り返しました。
 汗水たらして働くのが当時の尋常の暮らしぶりながら、朔太郎は職業につくこともせずに自分でデザインした斬新な洋服を着、トルコ帽をかぶって茶店などに日毎出入りする不良青年で、周りの人々から白い目で見られる存在でした。
 両親に屋敷の一隅に書斎を建ててもらい、マンドリンやギターを中心にした音楽クラブを作って音楽と詩作にふけるいわば生活無能者としての日々を送るのでした。朔太郎より二つ年下の室生犀星もよくここを訪れ、詩論をたたかわせたりして交流を深めました。人一倍鋭敏な神経を持つ朔太郎にとっては音楽と詩作だけが心の慰めでした。
 朔太郎は本気で音楽家になることを考えた時期もあって、何度か音楽学校の入学試験にチャレンジしたようです。白秋同様にドイツのハーモニカに親しみ、やがてハーモニカからマンドリンやギターに関心は移ったのでしょう。ところで朔太郎にマンドリンを教えてくれたのは日本に初めてハーモニカを持ち帰った比留間賢八でした。
 比留間は東京音楽学校を小山作之助とともに明治20年に卒業し、その後アメリカ、ドイツへと渡ります。民族楽器への関心があってチターを学ぶのですが、明治24年、母の病状悪化の報に接して急遽帰国することになりました。そのときにチターを二台とハーモニカを数本持ち帰ったのでした。これが日本へやってきた初めてのハーモニカです。
 明治32年には再びドイツへ渡り、二年後に帰国するときには今度は日本に初めてマンドリンを持ち帰りました。大正3年にはマンドリン教授に専念し、朔太郎はじめ、里見 ク、桐朋学園創設者の一人、斎藤秀雄、画家の藤田嗣治そして宮田東峰も門下生でした。
 ハーモニカを愛した二人の詩人は奇しくも昭和17年、戦争のさなか朔太郎は5月、白秋は11月に病に倒れ不帰の客となりました。


2010/12/25 (Sat)  

. 北原白秋とハーモニカ  .

 ハーモニカソロで演奏される「城ヶ島の雨」、「砂山」、「この道」、「からたちの花」、「ペチカ」などは北原白秋の詩による名曲であることは皆さんもよくご存知でしょう。
 その白秋が実は、少年時代にハーモニカを吹いたと考えられるのです。
 第一歌集『桐の花』に「病める児はハモニカを吹き夜に入りぬもろこし畑(ばた)の黄なる月の出」という一首があります。
 病める児とは白秋自身。他人の観察ではなく自身の体験をうたった歌でしょう。白秋は幼少の頃、病弱で家人からは壊れものに触るように育てられました。
 幼少年期のことをテーマにした白秋の第二詩集『思ひ出』の巻頭を飾る〈序詩〉はこうはじまります。

<思ひ出は首すぢの赤い蛍の/午後(ひるすぎ)のおぼつかない触覚(てざはり)のやうに、/ふうはりと青みを帯びた/光るとも見えぬ光?>

 そして第3連に次のように書き連ねます。

音色ならば笛の類、
蟾蜍(ひきがえる)の啼く
医師の薬のなつかしい晩、
薄らあかりに吹いてるハーモニカ。

 たそがれのさみしさを想起させる幼き日の記憶とともにハーモニカ体験は彼の脳裏に刻印されます。
 白秋の家は福岡県の水郷、柳川。江戸時代から栄えていた商家で、明治34年の大火で酒倉を消失して家産が傾きはじめるまでは裕福な家庭でした。
 少年の日の白秋が手にしたのはハーモニカがまだ珍しい時期のドイツ製の「マウスハーモニカ」と称されるものだったでしょう。なぜならハーモニカが普及するのは明治38年以降、日露戦争の勝利を機に「カチドキブエ」と称するハーモニカがドイツから大量に輸入されるのを待つほかはなかったですし、国産ハーモニカは明治43年になって小林鶯声社が製作開始、大正3年の第一次世界大戦以降でないと量産化は始まりません。
 ハーモニカが日本にお目見えした時期はちょうど白秋が生まれた明治18年前後。でもそれは観工場や博品館といったデパートの前身のようなところで売られているおもちゃ同然のものでした。白秋が10歳になる頃になってようやく、銀座十字屋楽器店の雑誌広告に何種類かの「マウスハーモニカ」がイラスト入りで紹介されるようになりました。長男坊の白秋に誰かが買い与えたに違いありません。
 電灯はまだ珍しく、石油ランプが主力の時代、暮れなずむ夏の夕べ、耳をすませば、ほら白秋の吹くハーモニカの音色が聞こえてきませんか。




バックナンバー


管理ページ

- Genesis -

お店の紹介
音楽入門講座のご案内
ハーモニカカタログ
ハーモニカよもやま話
店主のひとりごと
イベントのおしらせ
イベントの報告
リンク集
::::::お問い合わせは::::::

〒243-0303
神奈川県愛甲郡愛川町中津3505
電話:046-286-3520
FAX:046-286-2865
E-Mail:core@harmonica.bz
定休日:毎週月曜日
TOP
お店の紹介 ] [ 音楽入門講座のご案内 ] [ ハーモニカカタログ ] [ あつぎハーモニカ物語
店主のつれづれなるままに ][ リンク集 ] [ イベントのおしらせ ] [ イベントの報告
当サイトに関するご意見・ご感想などはcore@harmonica.bzまでお気軽にどうぞ
Copyright (c) 2003 CORE All Rights Reserved.